文化を知る イラン 地域情報

旅の前にちょっと知っておきたい豆知識

お電話によるお問い合わせを休止いたします!
お役立ち情報
Naima Travelへのお電話によるお問い合わせについてのご案内
Persepolice
お役立ち情報
イランのホテルのみ、各種切符類のみ(列車、国内線航空券)の単品予約は、ご自身で直接現地(イラン)へご依頼頂けます。
イラン入国観光ビザのご案内
お役立ち情報
イランの旅の始まりは、ますビザの取得から
Naima Travelにてイラン入国観光ビザの取得代行を承ります。
※ビザ取得に関する情報は予告無く変更になる場合があります。
nullnull
お役立ち情報
約400年前のサファヴィー朝時代の伝統的なペルシア邸宅を当時を忠実に復元した小じんまりとした宿。その建物は2004年イランの文化国家遺産リストに上げられました。美しい中庭とカラフルにペイントされた建物の外観は特徴的。全20室というこじんまりとした宿ではあるが、イスファハンの中心に位置し、イスファハンの主な見所までは徒歩館内。イマーム広場まで徒歩10分ほど ・・・ 
伝統的ペルシア建築の邸宅に泊まり、400年前に浸るもよし!
nullnull
文化
Naima Travel にてイラン人家庭でのホームステイを手配させて頂きました。一度訪れると、イランという国に対する印象が180度変わります。そんな不思議の国イランへ是非一度お出かけ下さい。イランでホームステイを体験された女性3名は、イラン人家庭に滞在されて、スーパーで買い物をしたり、イランの女性達のお茶会に参加をしたり、ホームパーティを開いたり、ファミリーの娘さんの通う学校を訪問されたりと、ベールにつつまれた国イランで、楽しい国際交流をされました。人情みの厚いイラン人との暖かい交流では、楽しい思い出を作られました
null
お役立ち情報
イランのカッパドキア?!トルコのカッパドキアのように奇岩が丘の上にニョキニョキはえていて、その岩の中をくりぬいて住居として住んでいる人達も居る。
null
特産・お土産
イランには、ペルシアの時代からの伝統工芸品が今も残っている。各地のバザールを歩いているとそれらに出会うことが出来る。バザールでは今でも定価販売をしていない店が多く、チャイを飲みながらゆっくりと値段交渉をする。
null
文化
イランは古来よりペルシア、アラブ、トルコ等多くの民族が行き来したのでその料理内容にも多様性が見られる。しかし、現在ではそれらが少しずつ混ざり合いイラン全体での共通の料理、いわゆるイラン固有の料理が出来上がってきた。
null
文化
外国人観光客でも女性は、イラン国内を旅する時はスカーフなどで髪の毛を隠し、なるべく体の線のでないゆったりとした上着や、丈の長いスカート、ズボンなどを着用するようになっている。
イラン革命と ・・・  その後
お役立ち情報
1979年2月21日イラン王政最後の内閣が倒れ、イラン革命が成就しました。その後、それまで一致団結して革命の成功に力を合わせてきた諸勢力が指導権をめぐって争いをはじめます。
null
文化
ぺルセポリスにあるレリーフの兵士達は皆、濃いヒゲを蓄えて描かれている。しかしアケメネス朝の兵士達の中には、 エジプトの王のように付けヒゲをしていた人もいたのではないだろうか・・・・・
null
文化
イランでの昔ながらの町の構造として、町の中心にはバザール、モスク、そしてハマームがある。 そして、それらの周囲に、マドラサ(学校)や隊商宿が造られている。 
null
文化
イランにイスラム教が広がる前、紀元前1,200年から1,000年頃、イラン高原東北部に住む、ゾロアスターによってとなえられた。
null
特産・お土産
ペルシア絨毯を購入する時には、表を見るのと同時に絨毯の裏側をよく調べてみることが必要である。絨毯の値段は、大きさ、デザイン・色合い、結び目の細かさによって決まる。
null
お役立ち情報
アラブ(イスラム)の侵入後、イスラムを受け入れたイランのその後の歴史をみてみましょう。ホメイニ師によるイラン革命まで、
null
お役立ち情報
アラブ(イスラム)の侵入以前のイラン(ペルシア)の歴史をごく簡単にひもといてみましょう。 
null
お役立ち情報
イランにある世界遺産の中でも最大級の見所で、シラーズの北約57キロメートルの位置に、ダリウス大王によって紀元前520年頃に建設が始まった。
イランの一般情報
お役立ち情報
イランは、日本と同じように四季のはっきりとした季節による景色の美しさを味わうことができる国です。